大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

面接の流れやマナーをマスターしよう!

   

①好印象を与える身だしなみをマスターする
 就職活動において、「大学中退」という過去は、マイナスに作用することはあっても、プラス評価されることはありません。
 だからこそ、面接のときには、好印象を持ってもらえるよう、努力することが不可欠です。
 では、採用担当者に好印象を与える身だしなみとは、どんなものなのでしょうか。

 まず、服装は必ずリクルートスーツを着用します。
 このとき、肩幅や袖丈、裾なども含めて、ジャストサイズのものを選ぶのが基本です。
 ジャケットやパンツ、スカート、シャツ、ブラウスにはきちんとアイロンがかかり、靴やカバンの手入れもしっかりされていると、「きちんとしたひと」という、印象を与えることができます。
 次に髪型ですが、採用担当者は求職者の表情をきちんと見たいと思っています。
 そのため、前髪が長すぎるなど、顔に陰ができて表情が見にくい髪型は、避けた方が無難です。
 男性は清潔感がある短めの髪型に、髪が長い女性が結んでまとめるなどの配慮が必要です。
 また、前髪が眉毛より下にならないことが、就職活動の基本の髪型です。
 カラーリングも就職活動中は避けた方が無難ですが、する場合は、肌や瞳、眉の色とのバランスがとれるように、明るすぎないよう配慮してください。
 さらに男性はヒゲのそり残しがないよう、女性は華美なメイクにならないよう、チェックしてください。
 メガネは縁がないものが望ましく、できればコンタクトをすることをおすすめします。

②面接の流れとマナーをマスターする
 就職活動時の面接の流れとマナーについても、触れておきましょう。
 面接は、受付に申し出たときから始まっています。受付の方はもちろん、廊下などですれ違うひとにも会釈するようにしましょう。
 面接会場ですでに採用担当者が待っている場合は、入室したときに「失礼します」と言い、着席する前に自分の名前を名乗り、「本日はよろしくお願いします」と挨拶します。
 面接中は、採用担当者の質問に簡潔にわかりやすく答えるよう意識し、返事をするときは、できるだけ顔を見るように心がけます。
 椅子に座っているときも、背もたれに寄り掛かることなく、背筋を伸ばして座りましょう。
 部屋を退出する際にも、「本日はお時間をいただきまして、ありがとうございました」と一声かけ、一礼してから出るのがマナーです。
 こうした基本を、しっかり身につけておきましょう。

 - 面接テクニック

  関連記事

面接時の服装について

面接にふさわしい服装とは  大学中退者が正社員雇用を目指して就職活動を行う際には …

no image
面接で好印象を与える方法

①面接担当者に好印象を与えよう  既に一次選考である書類選考をクリアしたわけです …

no image
面接マナーはしっかり覚えよう

面接マナーは社会人基礎力をはかる基準  無事に書類選考を通過しても、面接で失敗す …

no image
面接の根本を見直す!見られているポイントとは?

①面接とはどんなことをする場なのか知ろう  面接は当然ですが、自分の能力ややる気 …

気を付けたい、面接のNG集

面接でNGな行動とは  大学中退者は、どんな事情があったにせよ、企業の面接官に、 …