大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

面接の根本を見直す!見られているポイントとは?

   

①面接とはどんなことをする場なのか知ろう
 面接は当然ですが、自分の能力ややる気をアピールする場所です。自分の過去の経験や持っているスキル、今その企業を志望している理由を話して理解して貰わなくては、他の応募者との競争に勝ち残れません。そのため、できるだけ面接官に伝わるような話し方や内容でアピールする必要があります。しかし、それだけを意識して自分のアピールばかりに気がいってしまってもいけません。
 それは面接は面接官とのコミュニケーションをとる場所でもあるからです。面接官は応募者の能力や経験ももちろん見ていますが、応募者の会話の仕方だったり、表情だったりと、その人がその会社でやっていけそうかというところもチェックしています。ですので、面接では自分の能力や経験をアピールすると同時に、会話していく中で協調性やコミュニケーションがしっかりとれると思って貰えるか、という点も注意しなくてはいけません。
 
②面接担当者が見るポイントとは?
 面接管が見る一つ目のポイントは、応募者がその会社でやっていくだけの能力があるかという点です。会社で仕事をこなすことのできる能力がなければ仕事になりませんし、応募者がアピールしている能力よりも実際の能力低かった場合には、それだけの仕事を教えるというコストがかかってしまいます。そんなことを避けるためにも、その会社で働けるだけの能力があるかどうかということは、面接官が必ず知りたいと思っている重要な要素となります。
 他に面接官が見ているポイントとしては、面接官自身が応募者と一緒に仕事をして楽しく仕事ができるかというところです。面接官も人間なので、機械的に能力だけで判断しているわけではありません。そのため能力的にいくらすばらしくても、協調性がなさそうだったり、マナーや身だしなみがなっていなかったりした場合には、面接官自身に一緒に仕事をしたくないと思われてしまいます。ですので、面接官自身に一緒に仕事がしたいと思って貰えることが理想です。話がはずんで面接官にもっと話をしたいと思って貰えるような会話ができ、能力があることを認めて貰えたなら、よりよい結果がえられるのではないでしょうか。

 - 面接テクニック

  関連記事

no image
面接で好印象を与える方法

①面接担当者に好印象を与えよう  既に一次選考である書類選考をクリアしたわけです …

no image
面接マナーはしっかり覚えよう

面接マナーは社会人基礎力をはかる基準  無事に書類選考を通過しても、面接で失敗す …

no image
面接の流れやマナーをマスターしよう!

①好印象を与える身だしなみをマスターする  就職活動において、「大学中退」という …

気を付けたい、面接のNG集

面接でNGな行動とは  大学中退者は、どんな事情があったにせよ、企業の面接官に、 …

面接時の服装について

面接にふさわしい服装とは  大学中退者が正社員雇用を目指して就職活動を行う際には …