大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

雇用形態について知る

   

雇用形態について知ろう

 大学中退で就職活動を始めるのであれば、まず知っておいてほしいことがあります。企業はさまざまな求人を出していますが、そのすべてが正社員としての募集ではありません。そのため、求人情報で雇用形態を確認する習慣をつけてほしいのです。

 雇用形態は、「正社員」のほか、雇用に関して契約期間がある「契約社員」があります。採用の際に、3カ月~1年という勤務契約を結び、期間満了に合わせて更新をすることで、働き続けることはできます。ですが、勤務時間などは正社員と同じでも、契約社員は原則として昇給・昇格がありません。業務内容や勤務地によっては、契約社員の方が都合がよい場合もあるので、しっかり調べてから決定してください。

「社員登用制度有」は信じても良い?

 当初は契約社員と雇用された後、「社員登用制度」によって、正社員に昇格する企業も存在します。契約社員から正社員に昇格するためには、ある程度の勤務期間があり、能力や実績が評価されることが前提です。

 在職期間や諸条件に関しては、企業によって異なりますので、応募する会社に「社員登用制度」がある場合は、内容を事前に確認しておくことをおすすめします。その際に、過去にどれくらいの人数が契約社員から正社員に昇格したのかも聞いておくと、実現性があるかどうかを判断する基準になります。

キャリアをどう積んでいくかを考えよう!

 あなたがこれから応募しようとする企業で募集しているのが、正社員なのか、契約社員なのかで、福利厚生や年収アップには差が生まれるかもしれません。ですが、応募企業を選ぶ基準は、雇用形態だけではないのです。

 あなた自身が、どんな業界で、どんな職種の仕事に就き、どのようにキャリアを積んでいきたいのかというプランが明確であれば、契約社員としての雇用であっても、キャリアにつながる就職を選択する方が、転職に有利ということもありえます。そのためにも、業界研究や適職診断は、しっかりやっておきましょう。

 また、キャリアプランは働くうちに変化するものですが、3年は就いた職場でがんばると決めてください。その努力が、あなたの社会人基礎力を磨き、転職に活かせる職歴となってくれるはずです。

 - 就職活動前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
求人案件の探し方と求人媒体の特徴

求人案件の探し方のポイントとは?  大学中退者が求人案件を探すときには、どんな方 …

no image
新卒採用と中途採用の違いについて

新卒採用と中途採用の違いとは?  企業の採用には、「新卒採用」と「中途採用」の2 …