大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

求人案件の探し方と求人媒体の特徴

   

求人案件の探し方のポイントとは?

 大学中退者が求人案件を探すときには、どんな方法があるのでしょうか。大学を中退した時点で、最終学歴が高卒になるので、大学の新卒枠に応募することはできません。

 そのため、求人案件の探し方には、一般の転職サイトや転職エージェントに登録して探す、求人情報誌や新聞で探す、若者ハローワークで探す、などの方法が一般的です。そのほかの方法としては、企業のホームページの採用情報をチェックする、都道府県庁やその管轄下の法人のホームページで探す、市町村の商工会議所の情報を見る、知人・友人に紹介してもらうなどの方法があります。

 大学中退でも応募できる求人案件を探すなら、この中の一つの方法に固執するのではなく、複数を使い分けることをおすすめします。

求人媒体の特徴

 ここでは、求人媒体の特徴をまとめておきます。まず、最も利用者が多いと言われる「転職サイト」は、取り扱う求人数が膨大なことが特徴です。希望の業界や職種、勤務地などの条件を設定すると、それにマッチする情報に簡単にアクセスできます。

 次に「転職エージェント」ですが、これは求職者とキャリアコンサルタントが面談することで、企業の求める人材とマッチする案件を紹介してもらうという形態です。キャリアがあるひとを対象としているので、大学中退者が恩恵を被ることは少なめかもしれません。

 「新聞の求人欄」「求人情報誌」は、一般職としての求人を掲載していることが多いです。学歴不問や未経験者OKの仕事が紹介されていますので、目を通してみるとよいでしょう。「若者ハローワーク」では、居住エリアで大学中退者が応募可能な求人を取り扱っています。キャリアカウンセリングや、各種サポートも受けられるので、一度は足を運んでみましょう。

特徴を理解して、使い分けよう!

 上記にあげたように、求人媒体によって特徴が異なり、求人の中身にもばらつきがあります。大学中退者が納得のいく就職を果たすためには、より多くの求人情報に触れ、自分が長く働きたいと思える仕事を見つけることが前提です。そのためにも、求人媒体の特徴を理解し、上手に使い分けましょう。それが、内定への最短の道になるはずです。

 - 就職活動前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
新卒採用と中途採用の違いについて

新卒採用と中途採用の違いとは?  企業の採用には、「新卒採用」と「中途採用」の2 …

no image
雇用形態について知る

雇用形態について知ろう  大学中退で就職活動を始めるのであれば、まず知っておいて …