大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

新卒採用と中途採用の違いについて

   

新卒採用と中途採用の違いとは?

 企業の採用には、「新卒採用」と「中途採用」の2種類があり、大学中退者はどちらの枠でも応募が可能です。では、この違いは何なのでしょうか?「新卒採用」は、社会人として働いた経験のない若者の採用を行うことを言います。そのため、学歴や人物で採否の判断をするのが一般的です。採用選考で、書類選考、筆記試験、面接を行うことが多いです。

 「中途採用」は、職務経験がある社会人が対象です。企業が募集する職種で、即戦力として働けるスキルを持っていることが、採用の条件になります。業界や職種によっては、大学中退者も中途採用枠に応募することができます。

中途採用でアピールすべきこととは?

 大学中退者が、中途採用枠に応募したとき、不利になるのは、即戦力となれる職務経験とスキルがないことです。ですが、応募する職種に関連する資格をもっていたり、趣味や特技につながる部分があったり、学生時代までの経験が役立てそうだったり、何がしかの共通項を見つけることはできるはずです。

 企業の採用担当者の中には、学歴欄の「大学中退」の文字を見た時点で、「物事をやり遂げずに、途中で放り出したひと」という先入観を持つひとも少なくありません。だからこそ、「大学は中退してしまったけれど、それを反省材料に、納得のいく就職を果たしたいと思い、御社の○○に惹かれて、ぜひ働かせていただきたいと考えた」という、説得力のある志望動機や熱意が必要なのです。

 中途採用された後、少しでも応募企業に役立てるように、スキルや資格の勉強をしているなど、具体的な行動が伴うと尚可です。しっかり企業研究を行い、その企業がどんな人材を求めているかを考え、そこに合わせたアピールポイントを探してみましょう。

事前準備の内容が採否を分ける!

 大学中退者が満足のいく就職ができるかどうかは、就職活動の際、事前準備にどれだけ時間とパワーを費やしたかによります。徹底した自己分析とキャリアプランの設計、応募する企業の研究、双方のニーズがマッチする点が何かを考えなければ、採用担当者が思わず会いたくなるような、志望動機を書くことはできません。

 応募書類もマニュアル通りに書くのではなく、企業ごとにカスタマイズする心がけで、就職活動に臨んでください。

 - 就職活動前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
雇用形態について知る

雇用形態について知ろう  大学中退で就職活動を始めるのであれば、まず知っておいて …

no image
求人案件の探し方と求人媒体の特徴

求人案件の探し方のポイントとは?  大学中退者が求人案件を探すときには、どんな方 …