大学中退の就職ナビ【ハンデを跳ね返す】

*

採用担当者が見たいと思う履歴書とは?

   

採用担当者は履歴書のどこを見ているのか

 大学中退で就職活動をして、いくつかの企業に応募したのに、書類選考を通過できなかった経験があるひとなら、採用担当者は履歴書のどこを見ているのかを、疑問に思うかもしれません。企業の採用担当者が、履歴書の何をチェックしているかというと、学歴や職歴といった応募者の基本情報です。資格欄と志望動機、自己PRにも必ず目を通します。

 また、履歴書に貼付される写真も、大事なポイントです。普段着だったり、表情が真剣でない時点で、常識がないと思われ、会う価値がないと判断されます。学歴詐称や経歴詐称なども、もってのほかです。誠意をもって、書くようにしましょう。
 

採用担当者が見たいと思う履歴書の書き方とは

 採用担当者が応募書類をきちんと読み込むかどうかは、履歴書がマナーに則って、丁寧に書かれていればこそ。字が汚かったり、履歴書が汚れていたり、誤字脱字が多ければ、その時点で書類選考を落とされるでしょう。

 中身についてですが、志望動機と自己PRは、他社でも通用するような通り一遍のことではなく、自社の企業研究をきちんと行ったことが伝わる内容になっていると、好印象を与えることができます。きちんとした人物であるとアピールしたいなら、封筒の書き方にも配慮し、応募書類に添え状を加えたり、クリアファイルにはさんで汚れないように準備するなど、気配りが感じられるように準備しましょう。

履歴書の書き方で人間性がわかる

 履歴書を通して、企業の採用担当者は、あなたのひととなりを予想します。応募のマナーを守り、丁寧な字で書かれていれば、きちんとした真面目なひとという印象を持ってくれるはずです。志望動機や自己PRの中に、応募企業のどこに惹かれたのか、入社後にどんな仕事に就きたいと考えているのか、採用されたらどんな形で会社に貢献したいと考えているかなど、真剣に企業研究をした跡が見られれば、会ってみたくなるのが人情です。

 採用のプロは、履歴書の書き方で、応募者の人間性をある程度、見抜きます。真摯な気持ちで就職活動をしていれば、応募書類にもその姿勢は表れるはずですので、履歴書を使いまわすことなどないよう、心して作成しましょう。

 - 履歴書の書き方

  関連記事

no image
大学中退者の履歴書の書き方

基本的な履歴書の選び方  大学中退者が就職活動を行う際は、新卒者用の履歴書を使用 …

no image
提出書類について

採用につながる添え状とは?  大学中退者は、大学の就職課のサポートを受けながら就 …

no image
履歴書の学歴欄の書き方

学歴の書き方の基本  学歴は古い順から書くのが基本ですが、入学と卒業の両方を記入 …

no image
志望動機・自己PRの書き方

志望動機の書き方とは  大学中退者が就職活動のために、履歴書を書くときには、マナ …

no image
履歴書で見られるポイント

面接官が履歴書でチェックすること  就職活動における履歴書の役割は、応募企業に対 …